「家事代行王者」ダスキン、格安業者が太刀打ちできない魅力とは

「家事代行王者」ダスキン、格安業者が太刀打ちできない魅力とは

価格は高いが、品質の高さはピカイチ。今もファンを着実に増やしている

格安事業者が次々に参入し、市場全体も伸びている家事代行業界にあって、今なおシェアトップに君臨しているのが、「元祖」のダスキン。日本で同社が初めて提供したお掃除代行サービス「メリーメイド」は、高価格にもかかわらず、圧倒的な品質の高さを誇っている。

■スタートアップも狙う家事代行ビジネス

 近年、共働き夫婦や単身世帯、高齢者世帯が増える中、家事の負担を減らすために家事代行サービスを利用する家庭が増えている。家事代行業の2017年の市場規模は前年比4.4%増の830億円で、2020年は940億円まで成長する見込みだ。

 最近では、ITを活用したベンチャーやスタートアップの参入も目立ってきている。例えば「タスカジ」は、利用者と家事代行者をマッチングさせるサービス。利用者は登録された個人の家事代行者をスマホで選び、直接やり取りして、掃除・洗濯、料理・作り置き、整理収納など依頼する家事の内容を決める。

 家事代行者ごとに実際に利用した人のレビューや実績などが掲載され、選ぶ際の目安になる。マッチング機能以外のサービスを省き、1時間1500円〜という業界最安値で提供し、手軽に利用できる点も魅力だ。ただし、家事代行者によってスキルに差があり、料金も異なる。

 一方、スマホから簡単に予約できる「カジー(CaSy)」も注目株。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)