やる気満々の若手マネージャーの落とし穴

やる気満々の若手マネージャーの落とし穴

やる気満々の若手マネージャーの落とし穴の画像

アップルのスティーブ・ジョブズ、グーグルのエリック・シュミットやラリー・ペイジをはじめ、シリコンバレーの巨人たちを導いた伝説のコーチ、ビル・キャンベル。「1兆ドル」以上もの価値を生み出したという彼について書かれた『1兆ドルコーチ──シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え』(エリック・シュミット、ジョナサン・ローゼンバーグ、アラン・イーグル著、櫻井祐子訳)には、数々のエピソードとともに、ビル・キャンベルならではのリーダーシップのエッセンスがまとめられている。
この本を、人事の世界で活躍するプロフェッショナルはどう読んだか。急成長企業として注目される「DMM.com」の組織管理本部人事部部長の林英治郎氏に、前回(「親切なマネージャー」が成功しないワケ)に続いて話を聞いた(構成:加藤紀子、写真:熊谷章)。

■「ブレない」人が信頼される

――ビル・キャンベルはなぜ、これほどまでに多くの人々に信頼されたのだと思いますか。

林(林英治郎氏。以下、林) ビルはブレないですよね。「どんな会社の成功を支えるのも『人』であり、『人』こそが最も重要だ」「リーダーシップとは、会社やチームという自分より大きなものに献身することだ」といった原理原則であり判断基準が決してブレなかったということが、信頼を獲得できた大きな要因だと思います。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)