人生の三大出費って知っている?

人生、何がおこるかわかりません。順調にいくこともあれば、逆風にさらされることもあります。経済状況が混とんしている今、お金こそが命綱です。そんな大切な命綱ですが、あなたと伴侶の二人を支えるだけの強度はありますか。なにかのための備えは日頃からきちんとやっていく必要があります。急に慌てても間に合わないので、元気な今のうちから少しずつ準備を始めていきましょう。
そこで、ご夫婦や子ども向けにお金の教育活動をしているお金のソムリエ協会会長による新刊『夫婦1年目のお金の教科書 夫婦生活はお金の相性で決まる!』から、夫婦1年目がよくモメるテーマから生まれた疑問を基に、新婚さんはもちろん、結婚を控えているカップルから熟年夫婦に至るまで、お金が増えて貯まる最高の家計術を42項目にわたって紹介していきます。

■「人生の三大出費」と呼ばれる理由

 人生で一番大きな出費は「税金+社会保険料」です。平均すると生涯収入の2割前後に相当します。2番目が住宅費、3番目は食費です。意外なことに教育費は数%です。

 老後資金に至っては、食費や住宅費、水道光熱費などの集合体であって、老人だから必要になる特別な費用ではありません。

 それなのになぜ、教育費・住宅費・老後資金が「人生の三大出費」と呼ばれるようになったのか。それは、この3つの出費がすべて、必要になったときに慌てて工面しようと思っても、短時間では準備が間に合わない出費だからです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)