GAFAの次の主役は「日本のオタク?」なぜ世界のトップに立てるのか

GAFAの次の主役は「日本のオタク?」なぜ世界のトップに立てるのか

Photo:PIXTA

■レビュー

 これまで一度もマンガ・アニメ・ゲームに触れたことがない人はほぼいないだろう。しかしそれがいまや400億〜500億円規模の市場を持ち、グローバルに発信されていることをご存知だろうか。本書『オタク経済圏創世記 GAFAの次は2.5次元コミュニティが世界の主役になる件』はこうした「オタク経済圏」について論じつつ、これからの日本経済を支えるものは「2.5次元」のライブコンテンツだとしている。

 昔から日本のマンガ・アニメ・ゲームは世界に知られていたものの、国内では軽んじられることも多かった。だが日本のポップカルチャーは、世界に類を見ない作品性の高いコンテンツであり、それは紛れもなく世界に通用する、日本独自の武器である。

 とはいえ高品質なコンテンツを作るだけでは、もはや生き残ることはできない――著者はそう警鐘を鳴らす。何もしなければ、ユーザーの関心はどんどん離れていってしまう。そこで重要になるのが、タレントによるSNSやイベントなど、比較的安価かつ素早く展開できるコンテンツである。こうした「2.5次元」のライブコンテンツ化により、ユーザーの関心を引き、「キャラクター経済圏」が形成されるというわけだ。

 オタクの消費行動は、一般ユーザーの3倍にもなると言われている。日本が再び「ジャパン・アズ・ナンバーワン」を実現できるとするならば、それば文化産業しかない。マンガ・アニメ・ゲーム「なんて」と言っている場合ではない。オタク文化は日本経済の最先端であり未来なのである。(池田明季哉)

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)