ムーギー・キム×箕輪厚介「なぜ転校生には、金魚のエサやりをさせるべきなのか」

ムーギー・キム×箕輪厚介「なぜ転校生には、金魚のエサやりをさせるべきなのか」

箕輪厚介氏

世界のVIPが大絶賛!ジム・ロジャーズ氏(世界3大投資家)、チャン・キム氏(“ブルー・オーシャン戦略”INSEAD教授、BCG Chair Professor)、竹中平蔵氏(世界経済フォーラム理事)、中野信子氏(脳科学者)が絶賛したコミュ力の神髄を、“グローバル・エリート”ことムーギー・キム氏が完全に書き下ろした新著『世界トップエリートのコミュ力の基本〜ビジネスコミニュケーション能力を劇的に高める33の教訓』(PHP研究所)。そのムーギー氏が、幻冬舎の名物編集者であり、新刊『マンガ 死ぬこと以外かすり傷』(幻冬舎)を上梓した箕輪厚介氏と、ビジネス・コミュニケーション及びコミュニティビジネスについて語り合った。(構成/田村知子)
>>第1回はこちら

■共感を呼ぶストーリーテリングの極意

ムーギー・キム(以下ムーギー) 箕輪さんの本質的な強みの1つは、編集力というか、ストーリーテリングの感覚ではないかと思います。どうしたら人を引きつけるか、共感を呼ぶかを常に考えていますよね。

箕輪厚介(以下箕輪) 確かに、そこだと思います。だから、ほかのビジネス書と比較して、僕が作るビジネス書は、魂が宿っているんですよ。

ムーギー 言葉の感覚が鋭いし、畳み掛けるようにビシビシと伝わってきますよね。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)