追悼・関根潤三さん、目立たずプロ野球を支えた「七変化の才人」

追悼・関根潤三さん、目立たずプロ野球を支えた「七変化の才人」

4月9日に亡くなった関根潤三さん。投手、野手の両方でオールスターに出場した記録を持ち、ヤクルト、横浜でも監督を務めた Photo:JIJI

関根潤三さんが都内の病院で亡くなった。93歳だった。

 戦後生まれの野球少年が「関根潤三」の名を強く認識したのは、1965(昭和40)年、読売ジャイアンツに移籍したときだった。

■大学時代は名投手として活躍も巨人入団までは地味な道を歩む

 前年(1964年)、東京オリンピックが行われた年、巨人は優勝した阪神に12ゲームの大差をつけられ、2位大洋に続く3位に甘んじた。一本足打法に転向して3年目の王貞治が年間最多記録を更新する55本塁打を打ったのはこの年だ。長嶋も3割1分4厘、31本塁打を打ち、ON砲は文句なしに他球団の脅威の的だったが、ONに続く5番打者が物足りない。その候補として白刃の矢が立ったのが、近鉄バファローズの中心打者だった関根潤三だ。

 すでに38歳。力の衰えは否めなかったが、プロ入り当初は投手として、8年目からは本格的に打者に転向して、オールスター戦に計5回出場した実績の持ち主。ONの後ろを打つ「顔」としては十分に頼もしい存在だった。川上哲治監督に次いで年長だったこともあり、チームメイトから「おじいちゃん」と呼ばれ、慕われたという。

 残した数字こそ、出場90試合、打率.241、3本塁打、20打点。それほど目覚ましいものではなかったが、貴重な左打者として巨人の優勝に貢献した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)