コロナ禍で透析患者の不安と嘆き、「3密」空間に週3回の緊張感

コロナ禍で透析患者の不安と嘆き、「3密」空間に週3回の緊張感

コロナ禍で透析患者が不安も

コロナ禍で透析患者の不安と嘆き、「3密」空間に週3回の緊張感

写真はイメージです Photo:PIXTA

新型コロナウイルス感染症では、院内感染のニュースも多く報じられている。このため、医療機関への受診をなるべく控えたり、オンライン診療で代用しようとする動きがある。しかし、やむを得ない事情で通院する人も多い。その代表的な存在が透析患者である、総じて透析室は「3密」空間が多く、不安を抱えながら生命維持のために週3回の通院を余儀なくされる状態だ。(医療ジャーナリスト 木原洋美)

■患者の多くは糖尿病、高血圧、心血管疾患を併発している

 志村けんさん、岡江久美子さんの急逝により、新型コロナウイルス肺炎で重篤化しやすいとされる基礎疾患の存在がクローズアップされている。

 米ルイジアナ州が3月27日に公表したデータによると、新型コロナウイルスで亡くなった人の基礎疾患で最も多いのは糖尿病の41%、以下、慢性腎臓病、肥満、心疾患、肺疾患、神経性疾患、免疫不全、慢性肝臓病と続く(3番目に、疾患ではない「肥満」が入っているのは、肥満の人に高血圧、糖尿病、脂質異常症、高脂血症等の持病が多いからではないかといわれている)。

 中国のデータで最も多いのは心血管疾患で10.5%、以下、糖尿病、慢性呼吸器疾患、高血圧、がんとなっている。世界中が感染の不安におびえる昨今、基礎疾患を抱えている本人とご家族の恐怖と緊張感は健常者の比ではないだろう。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)