ベテラン探偵が仰天した3つの依頼!薬物使用疑惑の夫尾行で採取した衝撃の証拠(上)

ベテラン探偵が仰天した3つの依頼!薬物使用疑惑の夫尾行で採取した衝撃の証拠(上)

覚醒剤使用が疑われる男性を尾行するとトイレに衝撃の“証拠”が残されていた(写真はイメ―ジです) Photo:PIXTA

筆者は、吉本でお笑いコンビ「オオカミ少年」で活動する傍ら、探偵事務所の代表を務めています。今回は探偵の見習い時代に色々指導してもらった師匠のレッドスターが遭遇した本当にあったヤバすぎる依頼ベスト3を紹介します。(探偵芸人 オオカミ少年・片岡正徳)

 レッドスターは探偵歴22年のベテラン。見た目もイケメンで、バイク、車の運転がすごく上手です。私が探偵の見習いの頃、教育をしてくれた師匠です。指導法は、多くは語らずヒントだけをくれて、最後に一言アドバイスをくれるというものでした。

■ヤバすぎる依頼内容第3位『手がかりが全くない依頼』

 基本、人捜しの時は、対象者の顔写真、名前、住所、歩く癖、普段持ち歩く物、服装、車など依頼者からいろいろな情報を聞いてから始めます。

 その時の依頼者は40代の女性で、同じく40代の旦那さんを捜していました。旦那さんは2年前から行方不明で、ほとんど手がかりはない状態でした。

 写真が1枚だけあると言うので見せてもらうと、小学校の低学年頃の写真で、電気もない真っ暗な所で、フラッシュなしで撮影したもの(目と歯が白いだけでほぼ真っ暗)でした。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)