利休が自らプロデュースした茶碗、 「美しさ」が取り除かれているのはなぜ?

利休が自らプロデュースした茶碗、 「美しさ」が取り除かれているのはなぜ?

Photo: Adobe Stock

とある美術教師による初著書にもかかわらず、各界のオピニオンリーダーらやメディアから絶賛され、発売3ヵ月で5万部超という異例のヒット作となった『13歳からのアート思考』。先行きが不透明な時代だからこそ知っておきたい「自分だけのものの見方」で世界を見つめ、「自分なりの答え」を生み出す思考法とは? 同書より一部を抜粋してお届けする。

■デュシャン顔負けの「問題作」の茶碗

前回まではデュシャンの《泉》を手がかりにしながら、「アートの『常識』ってどんなもの?」という問いについて考えてきました。今回は同じ問いについてもう1つ「別の角度」から考えてみたいと思います。

取り上げる作品は《黒楽茶碗 銘俊寛》。

茶道の大家・千利休が自らプロデュースし、長次郎という職人に特注でつくらせた逸品です。利休はシリーズでいくつもの「黒楽茶碗」をつくらせ、茶会で好んで用いていました。

重要文化財にも指定されているこの茶碗についてのある解説文をご紹介しましょう。

さて、ずいぶんとハードルが上がっていますが……どんな作品なのでしょうか。

気になる方はこちらのリンクをご覧ください。

https://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/166215

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)