コロナの時代に大切なのは「手洗い、うがい、笑い」 阿部広太郎オンライン読書会レポート

コロナの時代に大切なのは「手洗い、うがい、笑い」 阿部広太郎オンライン読書会レポート

コロナの時代に大切なのは「手洗い、うがい、笑い」 阿部広太郎オンライン読書会レポートの画像

新型コロナウィルスの影響でリアルのイベントは軒並み中止に追い込まれているが、こんな時代だからこそ、注目されているイベントがある。
コンピュータを介したオンラインイベントだ。
5月13日、honto主催によるペア読書会が開かれた。『コピーライターじゃなくても知っておきたい 心をつかむ超言葉術』を出版した阿部広太郎氏を囲むオンライン読書会だ。
午後7時半、ネット上に二十数人の読者が集まり、読書会を開始。主催者によるガイダンス後、参加者がそれぞれ「自分につけるキャッチコピー」を掲示板に書き込む。そして約25分間、1章とそのほか気になった章を読む。その後グループに分かれて質問をまとめ、著者にぶつけるという構成だ。
午後8時半、いよいよ著者である阿部氏が登場。まず参加者全員のキャッチコピーについて講評。続いて一問一答へ。どんな質問が浴びせられたのか? その中身を再現する。

■「素敵禁止」と掲げたが故に「素敵」と言えなくなっちゃった

――阿部さんは本業のお仕事が忙しい中でも、興味を持ったことに対して企画書を作って提案されている。時間の捻出はどのようにされているんですか?

阿部 止められてもやりたくなる、自分が引っ張られるものだけをやっていくようにしています。例えば「企画でメシを食っていく」という講座は、僕自身がこの場を企画することで、出会う人が変わっていく、その瞬間を見るのが好きなんです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)