野生の珍獣に出合える海外スポット12選【後編】、かわいいカピバラから巨大アザラシまで

野生の珍獣に出合える海外スポット12選【後編】、かわいいカピバラから巨大アザラシまで

絶滅危惧種のマナティ。中米のベリーズなどで出合える ?iStock

海外旅行ガイドブックの決定版『地球の歩き方』から、世界の珍獣に出合えるスポット12選を紹介します。世界には動物を見られる場所がたくさんありますが、その地域でしか見られないレアな“珍獣”に出合えるのも旅の醍醐味です。自然の宝庫マダガスカルから南米の熱帯雨林アマゾンまで、12のスポット別にご紹介します。 後編は、中南米とオーストラリアの6スポットの8種類の希少動物です。(文/グルーポ・ピコ 写真/iStock)
≫≫≫(前編)から読む

■マヌー国立公園/Manu National Park(ペルー)

 ペルー最大の国立公園で、総面積のおよそ半分がアマゾン河支流のマヌー川流域のジャングルに覆われています。熱帯雨林のジャングルから標高4000m以上の山地まで、さまざまな地形からなっています。そのため、約850種の鳥類や200種の哺乳類など、園内に暮らす生物は実に多様性に飛んでいます。マチュピチュヘの拠点でもあるクスコから4泊5日程度のツアーで訪れるのが一般的です。

●エンペラータマリン/Emperor Tamarin

 ペルーとボリビアの一部にしか生息しない希少なサル。10cm近くもある立派なヒゲを持つことからエンペラー(皇帝)の名がつきました。体長は25cm程度で、体重は500gにも満たないほど。木の上で生活し、果物や小動物を食べます。個体数は減少しており絶滅危惧種に指定されています。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)