河井議員夫妻逮捕で事件の概要が判明!辞職しなければ報酬支給は継続

河井議員夫妻逮捕で事件の概要が判明!辞職しなければ報酬支給は継続

河井氏 逮捕も報酬支給継続

河井議員夫妻逮捕で事件の概要が判明!辞職しなければ報酬支給は継続

衆院本会議を終え、国会議事堂を出る河井克行前法相(6月17日撮影、国会内) Photo:JIJI

昨年7月の参院選を巡る選挙違反事件は、法相を経験した国会議員夫婦の逮捕に発展した。現職の衆院議員が妻を当選させるため、地元有力者に現金を配って回っていたとされる異例の事件。それぞれの秘書が逮捕・起訴された後も説明責任を果たさず、ダンマリを決め込んだ前法相の河井克行衆院議員(広島3区)と案里参院議員(広島選挙区)だが、公職選挙法違反(買収)容疑での逮捕で概要がほぼ判明した。自民党を離党したものの、議員バッジは着けたまま塀の向こう側に落ちた2人。辞職か失職しない限り、議員報酬は支給され続ける。(事件ジャーナリスト 戸田一法)

■影響力で配布した現金に差額

 夫妻の逮捕容疑は案里容疑者を当選させるため、共謀して昨年3月下旬〜6月中旬ごろ、5人に投票や票の取りまとめを依頼する目的で計170万円の現金を渡した疑い。

 また克行容疑者は単独で昨年3月下旬〜8月上旬ごろ、91人に対して116回にわたり、計約2400万円の現金を渡した疑いが持たれている。

 容疑内容の現金を渡した相手は重複しており、実際に受け取ったとされるのは94人。半数近くが議員や自治体の首長、半分以上が後援会の幹部や地元の有力者だった。

 全国紙社会部デスクによると、数回にわたって計100万円以上を受領した人物も複数おり、最高で総額200万円前後とされる。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)