中国人が、日本の「巣ごもりホットケーキブーム」を摩訶不思議に思う理由

中国人が、日本の「巣ごもりホットケーキブーム」を摩訶不思議に思う理由

中国人から見ると、コロナ禍での日本のホットケーキブームがとても不思議なのだそうです Photo:PIXTA

コロナ禍での巣ごもり中、日本の多くの家庭では、ホットケーキをはじめお菓子作りがブームとなり、ホットケーキミックスや小麦粉が売り切れとなった。ところが、中国人からすると、こうした日本のホットケーキブームがとても不思議に見えるという。その理由とは。(ジャーナリスト 中島 恵)

■中国人にはとても不思議に見えた「巣ごもり」中の日本のホットケーキ熱

 新型コロナウイルスの感染拡大問題が深刻になっていた4〜5月ごろ、日本のスーパーでは「ホットケーキミックスの素」や小麦粉が売り切れ続出となる騒ぎがあった。メルカリで価格が高騰するなどニュースにもなったので、覚えている人も多いだろう。

 しかし、同じく新型コロナウイルスにより外出が困難だった中国に住む中国人たちにこの話をすると、「えっ?なぜ日本人はそんなに家庭でホットケーキを焼いているの?」と不思議そうな反応が返ってきた。

 では、彼らの目に、日本のホットケーキ熱はどのように映ったのか?そして、彼らはどんなものを食べていたのだろうか?ちょっと気になったので現地の友人に聞いてみた。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)