プロ野球の無観客開幕で見えた、人気復活の「吉兆」と深刻な「病巣」

プロ野球の無観客開幕で見えた、人気復活の「吉兆」と深刻な「病巣」

無観客で開幕したプロ野球。吉兆と病巣が見えてきた 写真/アフロ

■静かな球場から聞こえる「プロの野球の音」に感動

 プロ野球が開幕し、日本列島に球音が戻った。

 無観客だから「球音」がよく聞こえる。今まで聞こえなかった「プロ野球の音」は、ファンに新鮮な発見と感動を与えている。

「木製バットの響きが心地よい」「プロ野球選手もベンチであんなに声を出しているんだ」「知らなかった」といった、素朴な驚きが聞こえる。

 日本の野球少年たちは「声を出すのは野球の基本」と教えられて育つ。しかし、プロ野球選手がどんな声を掛け合っているかは球場に行ってもなかなか聞こえないから、静かな球場で聞こえる「プロの声」は選手たちの気持ちや考え方がわかって勉強になるし、野球を見る楽しみも深くなるのだ。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)