できるリーダーは怒りを出さない



 このタイプの部下に対しては、第1章の中間報告に来ない部下に対するのと同じように、「相談してくれればこんな対応ができたのに」と、相談に来るメリットを伝える必要があります。

 しかし、その前に必要なことがあります。

「報告に来なかったこと」を叱る必要があります。

 そうでないと他の部下にしめしがつきません。

 Cさんが叱られなかったら、他のメンバーが同じことをやる可能性がありますし、そこで叱ったら、不平等と感じます。

■…>「怒り」より「悲しさ」で伝える

 この場合、

(×)「相談なしで動くのはルール違反」

と怒るのではあまり効果がないでしょう。

 特に、仕事のできる部下は「注意されてしまった」くらいにしか考えないでしょう。

ポイントとしては、「勝手にやって申し訳なかったな」という気持ちにさせることです。

(○)「Cさんのことを信頼していたのに。(報告してくれないなんて)残念だよ。Cさんがリーダーで同じことをされたらどう思う?」

と伝えます。

 報告に来てくれないという怒りの裏側には本来、相手にわかってほしい、悲しい、辛い、寂しい、悔しい、不安、心配、困惑といった感情が潜んでいるのです。

関連記事(外部サイト)