年齢は関係なし。 起業家として成功できるかを分ける 3つのポイント

年齢は関係なし。 起業家として成功できるかを分ける 3つのポイント

左から徳重徹氏、田所雅之氏、斎藤祐馬氏(収録は2019年12月25日実施) 撮影:石郷友仁

「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出ないのか?」−−。
この疑問への1つの回答となるのが田所雅之氏の最新刊『起業大全』(7/30発売、ダイヤモンド社)だ。ユニコーンとは、単に時価総額が高い未上場スタートアップではなく、「産業を生み出し、明日の世界を想像する担い手」となる企業のことだ。スタートアップが成功してユニコーンになるためには、経営陣が全ての鍵を握ってる。事業をさらに大きくするためには、「起業家」から「事業家」へと、自らを進化させる必要がある、というのが田所氏が本の中に込めたメッセージだ。
本連載では、「起業家」から「事業家」へとレベルアップするために必要な視座や能力、スキルなどについて解説していく。連載第2回は、前回に続き鼎談形式でお届けする。ゲストは、テラモータース/テラドローン代表取締役社長の徳重徹氏と、デロイト トーマツ ベンチャーサポート代表取締役社長の斎藤裕馬氏のお2人だ。起業家として成功するために大事なポイントとは何か? 果たして、3人の結論は?

■日本は上場しやすい環境にある(徳重)

田所 僕はシリコンバレーで起業して、VCにもいて、日本でも起業して投資もして、みたいなことをやってきました。べつに大して能力が高いわけではないと思うんですけど、言いたいことはアメリカと日本でそんなに環境に大差はないし、日本は市場も大きいですから、挑戦したないともったいないと感じます。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)