お受験で必ず受かる子の6大習慣

お受験で必ず受かる子の6大習慣

Photo: Adobe Stock

婚活成功者続出! 難関幼稚園、名門小学校合格率95%! 「にじみでる育ちのよさ」と本物の品が身につくと話題のマナー講師、諏内えみさんの最新刊『「育ちがいい人」だけが知っていること』。内容は、マナー講師として活動される中で、「先生、これはマナーではないのですが……」と、質問を受けることが多かった、明確なルールがないからこそ迷ってしまう、日常の何気ないシーンでの正しいふるまいを紹介したもの。マナー本や、通常のマナースクールでは、ルールではないからと省かれ、個人の常識に委ねられていますが、正解がわからないともやもやしますし、自信を持ってふるまえません。しかも、「育ちがでる」と言われてしまう部分ばかりですから、尚更気になりますよね! 今回は、お受験と育ちについてお話を伺いました。

■お受験で必ず受かる子の6大習慣

私がこれまで「親子・お受験作法教室」で多くのお子さんをご指導してきたなかで、「この子は受かる」と直感したのはどのようなお子さんだと思われますか? それは、「育ちがいいオーラがある子」「品がにじみ出ている子」なのです。一見、元気でやんちゃそうな男の子であっても、人見知りで恥ずかしがりやの女の子であっても、やはり要所要所にオーラと品はにじみ出るのです。育ちは一日にしてならず。しかし今日から始めれば『育ちがいい子ども』になれます。

◎絶妙にアイコンタクトができる
お受験では門を入ってから、ご案内の方、控室にいらっしゃる先生、ご誘導の先生、そして行動観察の先生や面接官の先生など、実に多くの方々にごあいさつするシーンがあります。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)