「ちまちま節約する人」ほど、いつまでも100万円貯まらないワケ

確かに、100万円を元手に1000万円稼いだ知り合いは何人もいますが、いわゆるスッテンテンにお金がないところから100万円を貯めるほどに生活を立て直した知人は、残念ながらほとんどいません。逆にいえば、ゼロから100万円貯める技術を身につければ、人生は結構うまくいくといえるのではないでしょうか。なにせ、人生に転んでもそこから再度復活する能力です。少々大げさですが、ゲームでいえば残機無限というやつです。

 しかし、ここで曲者なのが「貯金」という言葉です。「貯金0円」の人ほど、この言葉の定義を間違えています。

 発達障害サバイバルにおける貯金の定義。それは「毎日生活していたら、自然に積み上がる余剰」です。決して、貧しい生活をさらに切り詰めて「ひねり出す」ものではありません。

■生活に無理があると、浪費をしてしまう

 では、貯金0円、あるいはマイナスの借金玉から余剰を積み上げるためには何をすればいいのか。

 結論は「家での生活を楽しむ」ことです。

 「どこにも書いていないすごい貯金テクニック」を期待した人は、拍子抜けしたかもしれません。多くの人が忘れがちなのですが、僕らが最も安く過ごせる場所は、「自宅」です。どんなに高いコーヒー豆を買ったとしても、家でコーヒーを淹れて飲めばせいぜい1杯50円ですが、喫茶店ではコーヒーは500円します。

関連記事(外部サイト)