「ちまちま節約する人」ほど、いつまでも100万円貯まらないワケ

家でちょっといいクラフトビールとおつまみを食べるのと、居酒屋で「ちょっと一杯」は桁が違うでしょう。

 お金を使いすぎてしまう人は、たいてい家を中心とした「生活の基盤」ができていません。生活に満足できないと、誰でもストレスがたまります。結果、外に出て消費・浪費をしてしまうのです。

 これは僕にも覚えがあるのですが、本当にお金がなく家の電気すら止められている男が、不意に2万円を手に入れたとします。そんなとき、「よし、この2万円で米を買って電気代を払おう」と普通の人の意志力ではなかなか思えません。彼には、家に帰ってポン酢をかけたご飯で腹を塞いで寝ることに耐えるだけの気力が残されていません。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

前へ 1 2 3

関連記事(外部サイト)