ミロのヴィーナスや、ピラミッドを「美しい」と感じるワケ

ミロのヴィーナスや、ピラミッドを「美しい」と感じるワケ

Photo: Adobe Stock

天才数学者たちの知性の煌めき、絵画や音楽などの背景にある芸術性、AIやビッグデータを支える有用性…。とても美しくて、あまりにも深遠で、ものすごく役に立つ学問である数学の魅力を、身近な話題を導入に、語りかけるような文章、丁寧な説明で解き明かす数学エッセイ『とてつもない数学』が6月4日に発刊。発売4日で1万部の大増刷、その後も増刷が続いている。
「人気の数学塾塾長が数学の奥深さと美しさ、社会への影響力などを数学愛たっぷりにつづる。読みやすく編集され、数学の扉が開くきっかけになるかもしれない」(朝日新聞2020/7/25掲載)、佐藤優氏「永野裕之著『とてつもない数学』は、粉飾決算を見抜く力を付ける上でも有効だ」(「週刊ダイヤモンド2020/7/18号」)、教育系YouTuberヨビノリたくみ氏「色々な角度から『数学の美しさ』を実感できる一冊!!」と絶賛されている。今回は「黄金比」をテーマに、著者が書き下ろした原稿を掲載。連載のバックナンバーはこちらから。

■黄金比はスゴい

 黄金比は、紀元前440年頃にギリシャの彫刻家であり建築家であったペイディアス(紀元前490年頃―紀元前430年頃)が、かのパルテノン神殿を設計した際に初めて使ったと言われている。

 黄金比をギリシャ文字の「φ(ファイ)」で表すことがあるのは、ペイディアスの頭文字にちなんでいる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)