グーグルが「一流人材とダメ人材」を見抜く、考え方の決定的な差

グーグルが「一流人材とダメ人材」を見抜く、考え方の決定的な差

Photo by Adobe Stock

一流の人材とそうでない人材には「考え方」に根本的な違いがある。その本質的な差とは、いったいどのようなところにあるのだろうか──。
 グーグル元会長兼CEOのエリック・シュミットらが書いた世界的ベストセラー『1兆ドルコーチ──シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え』は、スティーブ・ジョブズや、グーグルCEO、アップルCEO、ユーチューブCEOら、シリコンバレーの大物たちがこぞって「師」と仰ぎ、コーチを依頼した伝説的人物、ビル・キャンベルのリーダーシップの秘訣を紹介した1冊だ。とくにシュミットのいたグーグル、ジョブズのいたアップルにおいて、ビルは絶大な存在感を発揮し、経営層に詳細なレクチャーを施していた。
 そんなビル・キャンベルは、「一流」の条件をどう捉えていたのか、また、どのようなリーダーに厳しく反省をうながしたのだろうか。本書から特別に一部を紹介したい。

■「威圧」で制するリーダーは三流

 2008年8月、ゴシップサイト「ゴーカー」に、「テック業界の最も恐るべき暴君ベスト10」と題した記事が載った。

「わめく者たちに捧ぐ」というという書き出しで記事は始まっていた。名優リチャード・ドレイファスのナレーションによる1997年のアップルのCM、「シンク・ディファレント」のパロディだ。

「イスを投げる者たち。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)