エクセルで発覚! 仕事が「できる人」と「できない人」を一発で見分ける方法

エクセルで発覚! 仕事が「できる人」と「できない人」を一発で見分ける方法

Photo by Adobe Stock

「マウスを使わずにパソコンの操作をする」。最近、この「脱マウス」への関心が高まっている。新刊『脱マウス最速仕事術』を上梓した森新氏は、その背景には、マウスとキーボードの間を手が何度も行き来する「時間のムダ」と「作業ストレス」の改善へのニーズがあると言う。森氏は独自に研究を重ね「脱マウス」のメソッドを開発し、年間88万回ものクリック数を削減、「年間120時間のムダ」を解消した。セミナーの参加者からは、「誰でもマスターできる」と好評だ。本連載では、満足度97%超のメソッドを凝縮した『脱マウス最速仕事術』(ダイヤモンド社)の内容から、時短に大きく貢献する「脱マウス」の技術をどんどんお伝えしていく。

■「マウスを使わない仕事術」があなたの時間を増やしてくれる

 いきなりですが、スマートフォン(スマホ)の話からはじめます。

 スマホって便利ですよね。なぜ、便利だと感じるのでしょう。理由の1つに、周辺機器がなくてもそれだけで使えることがあります。

 マウスはいらない、キーボードもいらない、スマホだけでデータの入力も操作も行えるから場所を選ばずに使える、これがスマホの長所です。

 一方、パソコンのほうもノートパソコンが小さく軽くなり、ちょっとした隙間時間に作業をしやすくなってきました。ノートパソコンがスマホに近づいていると言ってもよさそうです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)