僕は君に、資本主義の世界における 「究極の成功」について教えよう

僕は君に、資本主義の世界における 「究極の成功」について教えよう

Photo: Adobe Stock

生き方に迷う「若者たち」を圧倒的に肯定し、徹底的に挑発する、仕事論の新しいバイブルが誕生した。国内最大のシードファンド(300億円)を運営する、36歳、若手NO.1ベンチャーキャピタリスト・佐俣アンリのデビュー著作『僕は君の「熱」に投資しよう――ベンチャーキャピタリストが挑発する7日間の特別講義』だ。
 この本を読んだことがきっかけとなり、新時代のSONY、次のメルカリ、そして、今は誰も想像すらできない「未来の会社」が生まれるかもしれない。
 対象は起業を目指す人だけではない。スポーツでもアートでも、趣味でも社会活動でも、もちろん目の前の仕事にでも、「熱」をもってチャレンジするすべての人に向け、その熱を100%ぶつけて生きてほしいという願いを込めて本書は書かれた。
 ノウハウ本でも成功本でもなく、ただ「熱」をもつ人の暴走本能を刺激する本だ。
「熱を抱えた投資家として、たくさんの熱を見て、応援して、大成功も大失敗も見てきた自分がいまわかることをすべて詰め込んだ」と著者が語る本書のなかから、この連載では特に熱い部分を紹介していきたい。第1回は「プロローグ」を全文掲載する。

■君はかならず、成功する

 僕のオフィスには、ひとつの机がある。

 ごつごつした無垢(むく)の木でできている巨大なやつで、うかつにこの上でコピー用紙に文字を書いたりしていると、ペンが紙を突き破って木の穴にブスッと刺さってしまう。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)