【サウナの科学】 暑い夏でも 快適にととのう 「逆サウナ」とは?

【サウナの科学】 暑い夏でも 快適にととのう 「逆サウナ」とは?

Photo: Adobe Stock

今、日本では空前のサウナブームが起きています。
 芸能人や著名な経営者にも「サウナ好き」を公言する方が増え、また身近なビジネスパーソンで、精力的に仕事をこなすトップエリートと呼ばれる男女がこぞってサウナに通っています。なぜ、仕事ができる人は、サウナにハマるのでしょうか?
 サウナを初めて科学的エビデンスに基づいて解説した話題の書「医者が教えるサウナの教科書」(加藤容崇著)より、最新研究に基づいたサウナの脳と体に与える効果と、ビジネスのパフォーマンスを最大化する入り方を、抜粋して紹介していきます。今回は、暑い夏でも、熱いサウナに入ってととのう方法です。サウナを利用する際には、きちんとコロナ対策を行なっている施設で、皆さん自身も万全のコロナ対策を行って楽しんでください(「医者が教えるWithコロナ時代の「サウナの入り方」10ヵ条とは」も参考に!)。また、日本サウナ学会のHPでは、コロナ対策をきちんと行っているサウナ施設のリストを公開していますので参考にしてください。

 暑い夏はサウナの後に外気浴をしても、暑いままで気持ちよくないのではと思うかもしれません。安心してください。暑い夏に適した入り方も、実験を通して確認済みです。

 以前、沖縄でのコロナビールのイベントで、砂浜でライブを楽しみながら、アウトドアサウナに入るという企画をTTNEのサウナ仲間とともに計画した時に、夏のサウナの入り方を確かめました。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)