投資家が求める「熱」について、 率直なところを話そう。#熱投

投資家が求める「熱」について、 率直なところを話そう。#熱投

堀新一郎(ほり・しんいちろう)
YJキャピタル株式会社代表取締役
慶應義塾大学(SFC)卒業。Slerを経て、(株)ドリームインキュベータにて経営コンサルティング及び投資活動に従事。2007年より5年半、ベトナムに駐在。ベトナム法人立ち上げ後、ベトナム現地企業向けファンド業務に携わる。2013年よりヤフー(株)に入社しM&A業務に従事。2013年7月よりYJキャピタルへ参画。2015年1月COO就任、2016年11月より現職。日本を中心に総額465億円のファンドを運用。ファンド累計出資社数は100社超。東南アジアでは250百万ドルのEV Growth FundをEast VenturesとSinarmasと共同で運用。Code Republicアドバイザー、ソフトバンク(株)のグループ内新規事業開発・投資会社であるSBイノベンチャー(株)取締役、EV Growth Fundのパートナー兼務。著書に『STARTUP 優れた起業家は何を考え、どう行動したか』(琴坂将広、井上大智との共著)がある。

300億円規模のファンドを運用する、若手NO.1ベンチャーキャピタリスト・佐俣アンリ。新刊『僕は君の「熱」に投資しよう』(以下、『熱投』)は、起業家をはじめ、「何かやってみたい」とくすぶっている人を焚きつけ、熱くし続けている。
そんな『熱投』の類書を挙げるとすれば……、と対談相手に選んだのはYJキャピタル代表取締役社長で『STARTUP 優れた起業家は何を考え、どう行動したか』(以下、『STARTUP』)を今年5月に上梓した堀新一郎氏。「起業に関わるすべての人におすすめ」と起業家から絶賛を受ける『STARTUP』をひっさげ、堀氏が佐俣アンリと語るのは、投資家が求める「熱」について。
数々のベンチャー企業を成功に導いてきた投資家ふたりが求める「熱」とは何なのか??(構成/森旭彦)

■起業は熱だけで始められるし、投資家は起業家の熱しか見ていない

──まさに『熱投』のタイトルから始めたいと思うのですが、そもそも投資家(ベンチャーキャピタリスト)は、起業家が資金調達を求めて目の前に現れたときに、どんな質問をして、投資を決断するのでしょう?

堀新一郎(以下、堀) 案外、難しいことは聞かないですよ。普通の面接です。簡単にピッチ(事業アイデアの説明)してもらったり、一般的な会話です。僕が観察してるのはリアクションですね。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)