「Go Toイート」食事券、最も恩恵を受ける県民は

「Go Toイート」食事券、最も恩恵を受ける県民は

GoToイート食事券で地域格差

「Go Toイート」食事券、最も恩恵を受ける県民は

写真はイメージです Photo:PIXTA

■1人当たりの販売額1位は福井県

 Go Toイートの食事券の販売が、10月5日の新潟県を皮切りに、全国の都道府県で順次始まる。しかし、都道府県によって、販売方法や販売金額に大きな差が出ている。特に、販売金額に関しては、国の税金が767億円も投入されている以上、全国民に公平に分配されるべきだが、大きな格差が生じている。

 第1次募集に応募した全国33府県の中で、10月1日時点で、販売方法や販売金額を筆者が確認できた27府県について、府県で販売される食事券の総額から、府県民1人当たりにどのくらいの金額が販売されるのかを、金額の多い順にランキングしたのが下の表である。

 ランキングで1位となったのは福井県だ。

 人口76万3000人に対し、販売総額(プレミアム分25%を含む額面金額の総額)は100億円なので、1人当たり1万3106円分の食事券が販売されることになる。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)