元人気バンドメンバーはなぜ「再犯」に走ったか?社会復帰の現実を聞く

元人気バンドメンバーはなぜ「再犯」に走ったか?社会復帰の現実を聞く

写真はイメージです Photo:PIXTA

酒気帯び運転で逮捕された元TOKIOメンバー、性犯罪の再犯事件を起こした元ヒステリック・ブルーのギタリストと、有名人による再犯事件が相次いだ。これまで多くの受刑者や出所者と面会し、その社会復帰や再犯防止活動を見てきた月刊誌『創』の編集長・篠田博之氏に話を聞いた。(フリーライター 小川たまか)

■本人は再犯の「サイン」を感じていた

 元TOKIOメンバーが酒気帯び運転で逮捕されたのは9月22日。バイクを運転中に、信号待ちの車に追突したことが逮捕のきっかけだった。

 その翌日に報道されたのが、2000年代初頭に人気を集めたバンド「Hysteric Blue(ヒステリック・ブルー)」の元ギタリスト、ナオキの逮捕だ。ナオキは2003年にバンドが活動休止を発表したあと、2004年に性犯罪で逮捕され、2006年に懲役12年が確定。2016年に出所していた。

 今回も前回と同じく性犯罪であり、見知らぬ女性への強制わいせつ致傷容疑。7月6日に事件を起こし、11日に自ら出頭している。その後、警察から自宅待機を命じられ、逮捕されたのが9月23日だった。

 再犯について「驚いた」と話すのは、月刊誌『創』の篠田博之編集長だ。ナオキは服役中の2016年に『創』に手記を寄せ、出所後も篠田編集長と連絡を取っていた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)