外国人観光客はもう来ない!?国内市場に舵を切った台湾人ホテル経営者

外国人観光客はもう来ない!?国内市場に舵を切った台湾人ホテル経営者

信楽焼の浴槽を新たに設置。浴室からは富士山か?眺められる 撮影:薛森唐氏

新型コロナウイルスが直撃するまで、日本は空前のインバウンドバブルに沸いていた。外国人観光客をターゲットにした各地のホテルは、中国や東南アジアからの団体旅行客でごった返していたが、コロナによって全てが一変した。富士山麓で大型ホテルを経営する台湾出身の社長は、15年経営したインバウンド事業を見直し、ホテルの方向転換を決意した。(ジャーナリスト 姫田小夏)

■インバウンドバブルから一転したホテル経営

 台湾出身のオーナーが富士山麓で経営する大型ホテルは、新型コロナウイルスが流行するまでは、全177室の客室の予約がびっしり埋まっていた。

「2019年11月から2020年1月にかけて、当ホテルは過去最高の売り上げを記録していたのです」と振り返るのは、富士美華リゾート(静岡県小山町)代表取締役社長の薛森唐(セツ・シントウ)氏(63歳)である。

 これは同ホテルに限ったことではなかった。旧正月の元日に当たる1月25日を前後して、富士山周辺の多くのホテルが100%近い稼働状況となっていた。春節後は売り上げが50%ダウンするのが通常だが、同ホテルは2月15日まで予約でいっぱいだった。

 ところが、その好況も一瞬にして凍り付いた。1月23日、コロナの感染拡大で武漢市がロックダウンされると、中国政府は1月27日から中国人の海外への団体旅行を禁止した。日本では翌日から客室の全面キャンセルが相次ぎ、2月1日以降、同ホテルの宿泊客はゼロとなった。青天のへきれきとはまさにこのことだ。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)