【一度読んだ本、どうしてる?】骨の髄まで本を活用する「読書メンテナンス術」

【一度読んだ本、どうしてる?】骨の髄まで本を活用する「読書メンテナンス術」

Photo: Adobe Stock

文系のなかには、理系コンプレックスを抱えている人は少なくありません。しかし、「読書においては文系がまさっている」と、この本に出合うまではそう思っていました。しかし……。新刊『理系読書 読書効率を最大化する超合理的サイクル』は、理系が実践している合理的な方法を読書に応用した技術です。著者は、東大生500人以上、医大生を2000人以上輩出した元駿台予備学校ナンバーワン化学講師で、バリバリの理系。本をまるで理科の実験のように扱い、最短最速でスキルハントする。インプットとアウトプットが速すぎて、これにはもうお手上げです。「速く読むこと」や「大量に覚えること」を目的とする読書術とは、一線を画した内容。最短最速で著者の経験知やノウハウを自分の頭にインストールし、自分の問題解決に役立てる至極の読書術です。

■「ジャンルまとめ読み」と「著者まとめ読み」

 皆さんは読み終わった本をどう扱っていますか? 私の場合、読み終わった本は本棚に入れておき、時間を空けた後に、まとめ読みするようにしています。

 本は1回読めば十分で、短期間に何度も読むことはよほどのことがない限りしませんが、時間を空けてから読み返すことは定期的に行っています。いわゆる「読書のメンテナンス」です。

 定期的に読み返すことで、内容を再確認できるのはもちろんのこと、読み返すことで新たな気づきを得られるときもあるからです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)