バイデン氏「親中派」「反日」の素顔、日本はどう付き合うべきか

バイデン氏「親中派」「反日」の素顔、日本はどう付き合うべきか

バイデン大統領誕生で世界はどうなる? Photo:SOPA Images/gettyimaages

11月3日に実施された米大統領選選挙で、バイデン氏が勝利した。バイデン氏とは、どういう人物なのか?彼が大統領になると、世界はどう変わるのだろうか?(国際関係アナリスト 北野幸伯)

■バイデン氏の経歴家族の不幸が続いた

 まず、簡単にバイデン氏の経歴について書いておこう。

 ジョー・バイデンは1942年11月20日、米国ペンシルベニア州で生まれた。第2次大戦中に生まれ、現在77歳である。

 1965年、デラウェア大学を卒業した。その後、ニューヨーク州シラキュース大学のロースクールに進学。

 1968年、法務博士号を取得。

 1969年、弁護士として開業した。

 1972年、デラウェア州で、民主党から上院議員選挙に出馬して勝利。この時、彼は29歳だった。以後、6回連続当選を果たし、09年まで上院議員を務めた。

 上院選で初当選した1972年12月、バイデン氏を不幸が襲う。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)