ロッテ重光戦略の根幹を成す「衣錦還郷」と政治との距離

ロッテ重光戦略の根幹を成す「衣錦還郷」と政治との距離

ロッテ重光戦略の根幹を成す「衣錦還郷」と政治との距離の画像

2020年1月、ロッテグループ創業者の重光武雄(しげみつ・たけお)氏が亡くなった。享年98。80年前の18歳の時に、文字通り裸一貫で来日し、日韓にまたがる巨大企業グループ「ロッテ」を築き上げた重光は、日本で最も経済的成功を収めた在日一世の経営者であった。だが多くの日本人は、このカリスマ経営者の輝ける成功は知っていても、その成功へといたる過程を知らない。オーナー社長としての強力なリーダーシップ、鬼才的なマーケティングセンス、常に最高品質を求めた商品の差別化や競争優位戦略……重光経営とはいかなるものだったのか。その成功の軌跡を追った。(ダイヤモンド社出版編集部 ロッテ取材チーム)

■日韓を股に掛けた2つの名前を持つ男

 2020年1月18日夕方。ソウルの病院で、日韓にまたがる巨大コンツェルンを築き上げた、日本で最も経済的成功を収めた在日韓国人一世のカリスマ経営者が亡くなった。その男の日本名は重光武雄(しげみつ・たけお)、韓国名は辛格浩(シンキョクホ)である。

 生まれ故郷の韓国からわずか18歳で日本に渡り、新聞配達のアルバイトから身を起こし、大手菓子メーカーであるロッテグループを日本に築いたのは重光武雄である。

 そして在日本大韓民国民団(民団)の支援者として中央本部の顧問まで務める一方、日本から送った資金で祖国の韓国で事業を興し、韓国に巨大財閥を創設したのは辛格浩だった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)