コロナ禍で中国人留学生が窮地に、日本の大学入試で起きた「番狂わせ」

コロナ禍で中国人留学生が窮地に、日本の大学入試で起きた「番狂わせ」

外国人留学生にとっても楽しみの1つだった学園祭(著者撮影)

この冬、大学や大学院は受験シーズンの本番を迎えたが、新型コロナウイルスの影響で例年とは異なる受験体制になり、日本在住の中国人留学生たちが翻弄されている。コロナ禍で、スケジュールが変更となったり、オープンキャンパスが中止されたり、面接や小論文がオンラインに切り替わったりしているからだ。(ジャーナリスト 姫田小夏)

■外国人留学生向けの大学入試が急に変わった

 今年、都内の某美術系私立大学が突如、外国人留学生向けのAO入試を中止した。中国出身のMさんは、同大学の建築デザイン学科を受験するために、作品提示と面接の準備を黙々と進めてきたのだが、「用意してきた作品が無駄になってしまいました」と落胆する。

 同大学は受験日を2021年2月に延期し、さらに国語、英語、社会の学科試験を追加した。「日本の大学なら必ずどこかに入れるだろう」と、どこか気楽なところがあったMさんだったが、現在、入試対策の練り直しを迫られている。

 こうした混乱を招いた元凶は、言うまでもなく新型コロナウイルスである。この影響を受けて、今年 6月に予定されていた「日本留学試験(EJU)※1」と、7月に予定されていた「日本語能力試験(JLPT)※2」が立て続けに中止されてしまったのだ。

 この両試験の結果は、外国人留学生にとってなくてはならないものだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)