【箱根駅伝】TV中継でナイキの厚底シューズが映らないよう工夫か 実況アナも触れず

【箱根駅伝】TV中継でナイキの厚底シューズが映らないよう工夫か 実況アナも触れず

記事まとめ

  • 駒澤大学が逆転優勝を果たした2021年の箱根駅伝で、触れられない話題があったという
  • ナイキの厚底シューズで、今回大会往路では105選手中99人(94.3%)が履いていたそう
  • しかしテレビ中継では選手の足元を正面からしか映さず実況アナもほとんど触れなかった

箱根駅伝のテレビ中継をつまらなくした「スポンサー配慮」の実態

箱根駅伝のテレビ中継をつまらなくした「スポンサー配慮」の実態

Photo:JIJI

■厚底シューズを視聴者に見えないようにしたテレビ

 駒澤大学が逆転優勝を果たした2021年の箱根駅伝。2日間、約11時間をほぼテレビの前で過ごしたが、“知りたいことは何も教えてくれない不親切な実況アナウンサー”に、わかってはいたけれどストレスを感じまくりの観戦となった。

 安い感動を再生産して毎年視聴率を稼ぎ、大学スポーツを大学生と関係ない大人たちの錬金イベントに仕立てあげている箱根駅伝。そのためか、視聴者に見えているのに絶対触れない話題があり、視聴者が見たいのに見えないようにカメラアングルを工夫していることがある。

 例えば厚底シューズ。昨年のレース後は、ナイキの厚底シューズが話題となり、テレビの情報番組でも盛んに取り上げられた。今年もナイキなのか?他社製品は伸びているのか?

 ジョガーならずとも気になるテーマだが、私が見ていた限り、この話題に実況アナウンサーはほとんど触れなかった。ネットでは当然、使用率をめぐる情報が飛び交っていた。スポーツ報知によれば、『6区の出場21選手は全員がナイキの厚底シューズを使用した。前回大会に出場した210選手中177人(84.3%)がナイキの厚底シューズ「ズームXヴェイパーフライネクスト%」を使用。今回大会往路では105選手中99人(94.3%)がナイキの厚底シューズを選択。』とあった。

 テレビ観戦では、この分析は難しかった。なぜなら、走者のほぼ全身が映っても足下だけは切れていた、正面から映しても横からは全身をなかなか映さない。つまり、シューズのラインがばっちり映らない工夫がされていたように感じられた。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)