「70歳まで就業」現実化で、あなたが今こそ意識すべきことは何か

「70歳まで就業」現実化で、あなたが今こそ意識すべきことは何か

写真はイメージです Photo:PIXTA

今年4月1日から「改正・高年齢者雇用安定法」が施行される。これは65歳までの雇用確保(義務)に加え、70歳までの就業の機会を確保する努力を企業側に求めるもの。将来を見通して、今の時点で、企業や労働者がなすべきことは何か。(特定社会保険労務士 三戸礼子)

■「高年齢者雇用安定法」はどう改正されるのか?

 いよいよ今年4月1日から「改正・高年齢者雇用安定法」が施行されます。

 現行法では、企業は、希望者全員を65歳まで雇用することが義務付けられていますが、今回の改正では、それをさらに5年間延長して70歳までの就業の機会を確保する努力が企業に求められているのです。

 具体的には、企業は下記の(1)〜(5)のいずれかの措置を講じていくことになりますが、当面は「努力義務」です。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)