首都圏「中学受験2021」、堅調な埼玉・千葉、大波乱の東京・神奈川(前編)

首都圏「中学受験2021」、堅調な埼玉・千葉、大波乱の東京・神奈川(前編)

緊急事態宣言を受けて、少なくとも東京の4つの私立中高はオンラインに授業を切り替えている。品川翔英、武蔵野大学、ドルトン東京学園に続いて、写真の大妻もこれまでに構築したICTインフラを活用した授業を1月15日から開始した

緊急事態宣言の再発令で、2020年9月の時点で首都圏の私学協会が申し合わせた事柄も、各校の判断で見直され、追試の実施や面接の中止発表が相次いでいる。埼玉に続いて、1月20日からは千葉での中学入試が始まる。埼玉の結果を見ながら、千葉の最新出願状況も押さえておきたい。12月に行われた4つの模試の志願者状況も踏まえて、2月1日から解禁される東京・神奈川の“大波乱”といっていい状況も考えてみよう。(ダイヤモンド社教育情報)

■緊急事態宣言で続々と決まった追試

 全国での新型コロナウイルス感染者数が7000人超えを続ける中、1月16日と17日には初めての大学入学共通テストが行われた。Googleの「COVID-19感染予測(日本版)」によれば、1月末から全国の感染者数は1万人を超えるなど、まん延が加速する見通しだ。家族内感染を避けるため、中学受験生のいる家庭では細心の注意をあと2週間ほど継続する必要がある。

 埼玉での緒戦が終わり、首都圏中学受験は、20日から始まる千葉、あと10日余りに迫った東京・神奈川の入試に関心が移っている。Web申し込みが主流となり、多くの学校で入試前日まで出願が可能となったため、特に併願校となる上位・中堅校の出願状況は直前まで動く傾向が見られる。

 今回は、埼玉の結果と千葉の出願状況も見ながら、東京・神奈川の志願傾向を昨年12月に実施された4つの模試の結果も踏まえ、前編・後編にわたり考えてみたい。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)