「ストレスフリー」な毎日を実現する「適度な言い訳」とは?

「ストレスフリー」な毎日を実現する「適度な言い訳」とは?

『今日も言い訳しながら生きてます』より ?HAWAN

40歳を目前にして会社を辞め、一生懸命生きることをやめた韓国人著者のエッセイが、日韓で累計40万部のベストセラーとなっている。『あやうく一生懸命生きるところだった』という本だ。2020年の「日本タイトルだけ大賞」で大賞を受賞したインパクトあるタイトルに加え、その内容にも「心が軽くなった」「読んで救われた」「人生のモヤモヤが晴れた」と共感・絶賛の声が相次いでいる。
そんなベストセラーエッセイの待望の続編『今日も言い訳しながら生きてます』が1月27日に発売となる。今作もまた、「人間関係は二の次でいい」「結婚は義務ではなく選択」「競争しないのも一つの選択肢」「友達は少ないに限るよ」など、肩から力が抜け、心が軽くなる金言であふれている。今回は、そんな本書の内容を抜粋して紹介していく。

■「格付け」ばかりされる、つらい世の中

 いつだったか、とある結婚相談所による会員のランク付けが物議をかもしたことがあった。会員たちのルックス、学歴、家柄、職業、経済力などを総合してランク付けしていたからだ。高級牛肉でもあるまいしランクで分けるなんて。

 ところで、急にものすごく気になった。

 僕のランクはどのへんだろう?

 ……ああ、そんなこと気にするんじゃなかった。もし、あなたがネットで格付けテストを探そうと思ったならやめたほうがいい。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)