発達障害の僕が発見した「向いていない仕事」を辞めるべきか、続けるべきかへの納得回答

発達障害の僕が発見した「向いていない仕事」を辞めるべきか、続けるべきかへの納得回答

Photo: Adobe Stock

発達障害のひとつであるADHD(注意欠陥・多動症)の当事者である借金玉さん。早稲田大学卒業後、大手金融機関に勤務するものの仕事がまったくできずに退職。その後、“一発逆転”を狙って起業するも失敗して多額の借金を抱え、1ヵ月家から出られない「うつの底」に沈んだ経験をもっています。
近著『発達障害サバイバルガイド──「あたりまえ」がやれない僕らがどうにか生きていくコツ47』では、借金玉さんが幾多の失敗から手に入れた「食っていくための生活術」が紹介されています。
働かなくても生活することはできますが、生活せずに働くことはできません。仕事第一の人にとって見逃されがちですが、生活術は、仕事をするうえでのとても重要な「土台」なのです。
この連載では、本書から「在宅ワーク」「休息法」「お金の使い方」「食事」「うつとの向き合い方」まで「ラクになった!」「自分の悩みが解像度高く言語化された!」と話題のライフハックと、その背景にある思想に迫ります。
今回は、大盛況に終わったオンラインイベント「発達障害なんでも人生相談」で寄せられた読者の質問と、借金玉さんの回答をお伝えします。

<質問>
 向いてない仕事を辞める勇気がありません。

■自分自身が「振り絞っている勇気」に気付いてあげる

<答え>
 結論から言うと、僕は「向いていない」と強く感じる仕事からは、少なくとも身体に異変が出て来た時点で撤退すべきだと思います。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)