百戦錬磨の元刑事が厳しい現場で培ったメンタル強化術

百戦錬磨の元刑事が厳しい現場で培ったメンタル強化術

Photo: Adobe Stock

刑事生活20年。ガサ入れ、犯人確保、張り込み……
修羅場という修羅場を潜り抜けてきた元警部による
「心を強く保つ習慣」。
常に死と隣り合わせの環境下で巨悪と戦い、人を疑い、
時には一般人に罵倒されながらも正常な心持ちで戦うために
開発してきた、圧倒的自信と活力が楽しく備わる
最強メンタルメソッド……
その名は、「刑事(デカ)メンタル」!
★人間関係の悩みやストレス、不安を抱えているすべての人へ
・緊張で心臓のドキドキが止まらない
・人の目が気になる
・失敗したらどうしようと不安になる
・勇気が欲しい!
・人と話すのが苦手だ
・恥ずかしい気持ちを引きずってしまう
・自信がない
・もっと強くなりたい!
・やる気が出ない
・本番に弱い自分が嫌いだ
ーーそんな人でも「刑事(デカ)メンタル」があれば、いやでも前向きになる!

■過酷な現場で培った強いメンタルの作り方

 元刑事の森透匡だ。警察官として千葉県警に27年在籍し、うち20年を刑事として勤務した正真正銘の元刑事だ。

 所轄の刑事からスタートし、殺人や傷害などの粗暴犯や薬物銃器犯罪、また反社(反社会的勢力)などの組織犯罪に至るまで幅広く事件に携わった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)