英語をカタカナで覚えるのは今すぐやめましょう



 しかし英語発音[n]は口を開けたまま、舌先を上前歯の裏につけて、鼻からのバイブレーションで発音する子音です。

 もし、口を閉じて発音してしまうと[m]という発音に近づいて、「sum(合計)」というまったく異なる英単語に変化してしまうのです。

 日本語でフリガナを書き込むのは、英語を母国語である日本語に近づけて発音したいからですよね。

 しかし、英語の発音は日本語の発音とはまったく違います。英語っぽい発音にはなるかもしれませんが、それではいっこうにネイティブ発音をマスターすることはできません。

 他にも、「this(これ)」を日本語に近い発音の「ディス」と覚えてしまうと、「disrespect(軽蔑する)のdis」に近い発音で覚えてしまいます。英語の音を日本語に置き換えようとすると、こうしたことがよく起こります。

 英語と日本語の音は似て非なるものです。発音の置き換えは、これを機にやめましょう。

 ちなみに「this」のth[?]は舌先を少しだけ前に出して、上下の歯で軽く噛んだまま発音します。歯のバイブレーションから生まれる子音です。有声子音なので噛んでいる舌に振動を感じたらOK。日本語にはない音です。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)