【実話】英語力が一気に伸びた中学生、ポイントは「発音」だった

【実話】英語力が一気に伸びた中学生、ポイントは「発音」だった

Photo: Adobe Stock

「英語が通じる、通じない」は“口の形”で決まる!
学校では単語や文法の勉強がメインで、発音を詳しく習いません。そもそも、アルファベットの発音をしっかり習いましたか? アルファベットも、小さな発音の連なりでできています。アルファベットが正しく発音できなければ、単語も正しく発音できません。人間の脳には「発音できない音は聞き取れない」という特性があります。発音ができなければ、文法や単語もどれだけ覚えても、英語でコミュニケーションはとれません。
本連載は、正しい英語発音を最短最速で身につけるノウハウを伝えるものです。著者は、国際ヴォイストレーナーの山下まさよ氏。ビジネスマン、英語講師、客室乗務員の発音を指導し続け、その実績は1万人を超えます。初の単著『英語の声トレ 国際ヴォイストレーナーが教える「やさしい英語発音」』を出版し(2月10日刊行)、「アルファベットの発音の仕方」から「ネイティブに近づく発声テクニック」まで、英語発音のすべてをあますところなく伝えています。

■英語をゆっくり発音できますか?

 英語を早口で発音してごまかそうとしていませんか。

 例えば、「I ’m from Japan.」と言うとき、「from」の「r」を「l」で発音して「flom」になったとします。ネイティブは「言いたいことはこうかな」と意図をくんでくれますが、伝わらないときもあるはずです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)