東日本大震災から10年、「きこえなかったあの日」が伝えてくれる真実

東日本大震災から10年、「きこえなかったあの日」が伝えてくれる真実

東日本大震災から10年、「きこえなかったあの日」が伝えてくれる真実の画像

東日本大震災から10年。誰もが決して忘れることのできないあの日、あの時間。さまざまな人たちがそれぞれの思いで過ごしてきた3654日(2011年3月11日〜2021年3月11日)。多数のメディアや関係者が「10年」を語るなか、被災した聴覚障がい者*1 を地震発生の11日後からカメラに収め続けたドキュメンタリー映画「きこえなかったあの日」は、歳月の重みと人の絆の尊さを教えてくれる。同映画の監督・撮影・編集を務めた今村彩子さんが語る3.11からこれまで、そして、これからのこと。(ダイヤモンド・セレクト「オリイジン」編集部、手話通訳/相澤千恵子)

*本稿は、現在発売中のインクルージョン&ダイバーシティ マガジン 「Oriijin(オリイジン)2020」からの転載記事「ダイバーシティが導く、誰もが働きやすく、誰もが活躍できる社会」に連動する、「オリイジン」オリジナル記事です。

*1 一般的に、「きこえの不自由な人」を聴覚障がい者と呼び、中途失聴者・難聴者・ろう(あ)者に大きく分けられる(「中途失聴者」と「難聴者」の両方を含み「難聴者」とすることもある)が、その程度や原因が当事者によって異なるため、聴覚障がいのある人を分類したり、定義することは難しい。厚生労働省「平成28年 生活のしづらさなどに関する調査」からは身体障がい者手帳所持者の人数を把握することができ、その限りでの聴覚障がい者は約29万7000人となっている。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)