Post-IPOスタートアップの成功事例について考える

Post-IPOスタートアップの成功事例について考える

Photo: Adobe Stock

スタートアップの成長を通じて新産業の創出を目指すためには、上場後も継続的に成長するPost-IPOスタートアップをいかに多く輩出できるかが重要な論点です。それでは、具体的なPost-IPOスタートアップの成功事例とはどのような会社なのでしょうか。
1995年以降に上場した日本のスタートアップをベースに考えます。
なお本稿は、何らかの投資行動をとることを勧誘するものではなく、いかなる意味においても特定の有価証券、金融商品の売買の申し込みを推奨するものではありません。

■トップは「エムスリー」、27社が時価総額10倍超

朝倉祐介(シニフィアン共同代表。以下、朝倉):我々シニフィアンは常々、スタートアップを通じた新産業創出を図る上で、上場以降のポスト IPO のフェーズが大事であると述べています。順調に上場したスタートアップが、その後のステージで頓挫することは少なくありません。では一体、上場以降も継続して成長したポストIPOスタートアップとはどんな会社なのか、今回は具体的な事例を挙げながらお話ししたいと思います。

今回、1995年以降に上場し、2020年9月時点の時価総額が1000億円以上の国内企業をベースに、上場後の各社の成長度合いを確認してみました。

表では、上場の月末時点を起点とした時価総額から、2020年9月時点の時価総額が何倍に成長しているかという基準で順番に並べています。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)