「ヘルプマーク」普及活動に命を燃やす、余命宣告を受けた女性の生きざま

「ヘルプマーク」普及活動に命を燃やす、余命宣告を受けた女性の生きざま

ヘルプマークの裏側にシールを貼り、必要な支援や配慮を記載することができる。目にする機会が増えてきてはいるものの、まだまだ認知度が低いのが課題

白い十字とハートのマークがくっきり浮かぶ、ストラップつきの真っ赤なシリコン製プレート。電車内などで、バッグにこれをつけている人を見かけたら席を譲るなど、思いやりのある行動をしてほしい。

 プレートの名は、『ヘルプマーク』。義足や人工関節、難病などで外見からはわからないものの、病気や障害があるか、妊娠初期など、援助や配慮が必要な人のためのものだからだ。

 同マーク誕生のきっかけは、人工関節を使用する東京都議が、都議会で支援の提案を行ったことによる。

「内臓疾患などで、助けが必要でも外見からはわからない人がいる。こうした人が優先席に座っていると、“健康そうなのに”と、冷たい目で見られることが多い」

 この提案を受けて、2012年に東京都発の福祉マークとして作成されたのが、このマークだった。現在、バッグにつけて周囲に気づいてもらうための前出のシリコン製のものと、災害時や緊急時に助けを求めるのに使うカードやシールタイプ製の2種類がある。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)