KinKi Kidsの堂本剛がジャニーズ事務所を通さず個人で商標登録を進める?

KinKi Kidsの堂本剛がジャニーズ事務所を通さず個人で商標登録を進める?

記事まとめ

  • KinKi Kidsの堂本剛がソロプロジェクト『ENDRECHERI』を再始動させる
  • 芸能プロ関係者によると剛はソロプロジェクトにかかわるロゴなどを商標申請したそう
  • アーティスト個人が申請することは少ないとレコード会社関係者は話した

堂本剛、事務所を通さず個人で動きだした「商標登録」の狙い

堂本剛、事務所を通さず個人で動きだした「商標登録」の狙い

堂本のソロ活動に関する商標登録の進行状況はネットで公開されている(特許情報プラットフォームより)

3月末、堂本剛のソロプロジェクト『ENDRECHERI』が、再始動となるニューアルバムの発売を発表。'16年以来の待ちに待った再始動だが、以前とは少し変化が……。

「堂本さんが自分のソロプロジェクトにかかわるロゴマークやキャラクターの商標登録を進めているようなんです。調べてみると、事務所を通してではなく、個人で6つも申請しているんですよね」(芸能プロ関係者)

 商標を登録しているのは、あくまでソロ活動のみで、KinKi Kidsに関するものは申請していない。

「アーティストがグループ名やロゴマークなどを商標登録することは多いですが、普通は事務所が出願し、権利者となります。アーティスト個人が申請することは少ないですね」(レコード会社関係者)

 特許庁運営の商標登録の出願状況を公開しているサイト『特許情報プラットフォーム』によると、例えば、『サザンオールスターズ』は、彼らの所属事務所であるアミューズが権利者となっている。『キンキキッズ』はジャニーズ事務所が権利者の登録商標だ。なぜ堂本は、自身で商標を申請したのか。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)