『半分、青い。』出演の奈緒、上京に猛反対した母親を「安心させたかった」

『半分、青い。』出演の奈緒、上京に猛反対した母親を「安心させたかった」

奈緒 撮影/高梨俊浩

「母と一緒に初登場の回を見ようとしたら、オープニングの時点で母が泣き出したんです(笑)。私の名前が映っただけでうれしかったみたいで。“孝行娘や〜”って喜んでくれて、本当によかったなって思います」

 連続テレビ小説『半分、青い。』で、木田原菜生を演じる奈緒(23)。20歳のとき、女優としての拠点を地元・福岡から東京に移すため、単身上京。だが当時、母親は、

「猛反対でした。女の子ひとりで、知り合いもいないのにどうするのって。でも私が、決めたら曲げない性格だってことを母は知っているので、最後まで反対はしていたんですが、送り出してくれて。だから早く仕事を決めて安心させたいって思っていました」

 上京して3年。3度目の朝ドラオーディションの結果、ヒロインの親友役を獲得。

「決まったときは、信じられない気持ちと、ホッとした気持ちでいっぱいで。最初に、母に報告したら“とりあえずひと晩寝て、落ち着きなさい”って言われました(笑)」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)