大谷亮平×古川雄輝「狙っている子にだったら頭ポンポンするかも」

大谷亮平×古川雄輝「狙っている子にだったら頭ポンポンするかも」

大谷亮平(左)、古川雄輝(右) 撮影/廣瀬靖士

30歳、男性経験なし。恋にも仕事にも奥手で、デザイン会社に勤めるデザイナーながらも、気づけば資料制作などの事務のエキスパートになっていた南さやか(中村アン)。そんな彼女が3か月間の記憶を失い、その間に年下ドSイケメンと同棲するキラキラ女子に変身していた!! 記憶とともに、自信も取り戻していくドラマ『ラブリラン』。

 同棲中のドSイケメン・町田翔平役の古川雄輝(30)と、さやかの初恋の人で優しい幼なじみ、鷺沢亮介を演じる大谷亮平(37)の対照的イケメンふたりにインタビュー。

大谷「古川さんは、原作コミックの町田にピッタリな印象を受けました。自分とは違うタイプなので、お会いするたびに”いいなぁ“とうらやましく思っています」

古川「僕から見ると、大谷さんはかなり大人なイメージですね。男らしい男性に憧れがあるので、こういうふうになりたいなと」

大谷「本当!?」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)