志賀廣太郎、名バイプレーヤーに心配の声続出 “激ヤセ重病説” を本人に聞く

志賀廣太郎、名バイプレーヤーに心配の声続出 “激ヤセ重病説” を本人に聞く

自宅から出てきた志賀は少し顔色が悪く、疲れがにじみ出ていた

ここ5年の間にドラマ42作品、映画16作品に出演する名バイプレーヤー・志賀廣太郎。都心から車で1時間ほど離れた集合住宅に暮らす彼は、近所の人にもよく知られた存在だった。

「いつもチェックのシャツにジーンズ。普通のおじさんですね。でも、最近は映画やドラマにたくさん出ているからよく声をかけられてますよ」

 昨年10月に放送されたドラマ『陸王』(TBS系)でも、老舗足袋屋の専務取締役「ゲンさん」を好演。しかし今年4月、'19年1月から放送されるNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』の降板を発表する。

「疲労からくる体調不良とのことでしたが、主人公の義父という大事な役どころですからね。なにか大きな病気でなければよいのですが……」(テレビ局関係者)

 現在、志賀はドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系)に出演しているが、ネットでは、《痩せすぎで心配なんだが》《声も飛ばなくなってるし。どこか具合が悪いのかな。。。》と、その激ヤセぶりも話題になっている。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)