近藤真彦『KONDO RACING』が快挙達成もジャニーズ事務所は監督できず

近藤真彦『KONDO RACING』が快挙達成もジャニーズ事務所は監督できず

近藤真彦

'16年のSMAP独立、解散騒動からジャニーズの歯車は、徐々にズレていたのだろうか。'17年には嵐メンバーの熱愛絡みのスキャンダルが次々と報じられ、V6の中心メンバー・岡田准一と森田剛が年をまたいで結婚。

 そして'18年は、関ジャニ∞のメインボーカル・渋谷すばるの脱退。TOKIOの元メンバー・山口達也氏、NEWSの小山慶一郎と加藤シゲアキらが起こした、未成年との飲酒騒動は世間を激震させた。

 この“ジャニーズショック”で揺らいだ約3年間、「ジャニーズのトップ」であるはずの近藤真彦は、後輩たちの騒動にダンマリを決め込んできた。今こそ“長男”として先頭に立って、ジャニーズを再建し、後輩の指導・育成をすべきと思えるのだが、どうやらほかに夢中になっていたことがあったよう。

 7月7日、8日に富士スピードウェイで開催された、日本最高峰カテゴリーの自動車レース『SUPER FORMULA』。'18年シーズンの折り返しとなる第4戦で、優勝を飾ったのが『KONDO RACING』に所属するニック・キャシディ選手。そう、マッチが監督を務めるチームだ。

「ニュージーランド出身のニックは23歳にしてレース歴10年ですが、どこか伸び悩んでいた印象で、昨年に山下健太選手とともにマッチさんのチームに所属しました。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)