勧修寺保都 結婚したかった相手は、あのドラマの人気男性キャラ

勧修寺保都 結婚したかった相手は、あのドラマの人気男性キャラ

勧修寺保都 撮影/山田智絵

高校3年生のときに応募したジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリストに選ばれたことをきっかけに、’15年に主演舞台で俳優デビュー。翌’16年、美輪明宏に演技を認められ、舞台『毛皮のマリー』に出演し、絶世の美少年・欣也を演じた勧修寺保都(21)。

 今年は、4月クールのドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系)で存在感を残したかと思えば、初出演映画『名前』(上映中)が公開され、現在、NHK大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜、夜8時〜ほか)で第14代将軍・徳川家茂を演じている。

「家茂役が決まったとマネージャーさんから連絡をもらったとき、“本当ですか? ありがとうございます”くらいしか言えませんでした。うれしかったんですけど、すぐに実感が湧かなくて。ちょうど図書館にいたので、すぐに家茂について調べました」

 21歳と若くして病没してしまう家茂との共通点を聞くと、

「ちょうど今の僕と同じ年齢で亡くなってしまうんですよね……。家茂とは、甘いものが好きなところが似ています(笑)。文武両道なところも、わりと。僕も中学は陸上部で、高校ではフットサル部に入っていて、勉強も英語や国語が好きでした。(西郷)吉之助役の鈴木亮平さん、一橋慶喜役の松田翔太さんと共演していることで、改めて、大きな作品に出演しているんだということを実感しています」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)