中山麻理、単独渡米で朝まで若者と遊び尽くす! パワフルな“気ままライフ”を語る

中山麻理、単独渡米で朝まで若者と遊び尽くす! パワフルな“気ままライフ”を語る

好きなミュージシャンはB'z。息子さんや若者と接する機会が多いので、最近、シニア男性とは話が合わず場が持たないとお嘆きも!?

『週刊女性』読者にとって中山麻理さんといえば、テレビドラマ『サインはV』で毎週、ドキドキさせてくれた女優。端正な美貌と抜群のプロポーションで注目の的だった。

 70歳となった現在もスタイルをキープ。ふわりとしたロング丈ワンピースに身を包み、ストレートの茶髪をなびかせて登場した中山さんは女優オーラ全開で、とてもファッショナブルだ。洋服や小物をどこで買うのかと訪ねると、なんとフリマアプリ『メルカリ』に夢中とのこと!

「最近ハマっていて、もう100個ぐらいメルカリで買っちゃった。たまに新品と書いてあるのにダマされたりするけど、派手で個性的なものがいろいろ見つかるからうれしくて。服や小物は気に入れば、どこで買うかは問題じゃないのよね」

 と、中山さんは笑う。

 51歳のときに離婚、シングルマザーとして3人の息子さんを育て上げた。現在は三男で俳優の中山麻聖と2人暮らしだ。母子とはいえ、大人同士ゆえ生活のリズムはてんでバラバラ。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)